トップ

賃貸の違約金の事

賃貸住まいでの違約金について

賃貸に違約金が発生する場合

賃貸に置いて、違約金が発生する場合があります。まずは、物件を契約する際に契約書は不動産会社から必ずもらっているはずですからよく読んでみてください。短期で借りてしまった場合には違約金がとられる場合があります。たとえば入居して半年を経たずに退去してしまう場合は、たいていの場合、違約として、さらに半年分の賃貸料を取られるのが大半です。最短契約が1年という物件もありますから、契約する際にしっかり確認しましょう。また、退去する場合にも直前に退去の連絡をすると、一か月分の家賃を余計に取られることもあります。前もって退去の連絡をすることも忘れずに!

違約金には注意すること

賃貸では、違約金がとられることがあります。一番多いケースが、「一ヶ月前に退去の連絡をする」という契約を守れないケースでしょう。転勤が決まって、1ヶ月の猶予もない場合には仕方がありません。そのようなケースでは、会社に事情を話せば会社から支給してくれることがあります。しかし、うっかり連絡を忘れていて、違約金をとられてしまったということもあるので注意をしておきましょう。賃貸契約では、入居月は日割り計算がされますが、退去の月は日割り計算がされないケースが多いです。例えば1日に退去したとすれば、1日しか住んでいないのにまるまる一か月分の家賃がかかってきます。退去の日はよく考えておきましょう。

↑PAGE TOP